マルチメディアアーカイブ(ウェブセミナー他)

MSC Nastranによる異方性・周波数依存性・温度依存性材料特性を考慮した振動解析


マルチメディアアーカイブ(ウェブセミナー他) ID    WM443
ステータス:    公開済
公開日:    2020/08/06
更新済:    2020/09/03
関連する製品/モジュール:   MSC Nastran
製品バージョン:   MSC NASTRANバージョン
 

説明

MSC Nastranによる異方性・周波数依存性・温度依存性材料特性を考慮した振動解析

 


軽量化や騒音低減など製品開発に対する要求がますます高まっており、従来金属材料を使用していた部品の樹脂(プラスチック)化、複合材料化が進んでいます。一般に軽量化は振動特性の悪化につながり、制振材の必要性も高まっています。

樹脂・複合材・制振材・ゴムの材料特性は一般に異方性・周波数依存性・温度依存である為、こういった特性を考慮した振動解析を行う必要があります。

MSC Nastranではバージョン2018以降、

  • 異方性減衰係数
  • 周波数・温度依存材料特性のモデル化

など機能を強化してまいりました。

本セミナーでは、これら新機能の使用方法、特徴について
解析事例を交えてご紹介致します。

 

 

開催日 2020年09月02日(水):終了しました
時間 14:00~15:00(13:45 ログイン開始)
会場 webセミナー形式
内容
  1. 異方性減衰係数の設定方法と効果
  2. 周波数依存・温度依存性材料特性の設定方法と効果
  3. 適用事例
対象者
  • MSC Nastranのユーザー様
  • 樹脂(プラスチック)、複合材料の振動解析を実施する必要がある方
  • 制振材を考慮した振動解析を実施する必要がある方
参加費用 無料(事前登録制)
   
お問い合わせ
  • エムエスシーソフトウェア(株)マーケティング部  
  • TEL:03-6911-1218
  • E-mail:mscj.market@mscsoftware.com

 


このページを評価
この情報を5(満足)から1(不満足)段階で評価してください:
1
2
3
4
5
 
お気づきの点があれば、お知らせください。