製品情報

Actranトレーニング


製品情報 ID    PN127
ステータス:    公開済
公開日:    2021/02/26
更新済:    2021/05/14
関連する製品/モジュール:   Actran
 

説明

Actranトレーニングラインナップ

 


新型コロナウィルス感染防止に関する注意事項:2021/3/30更新


首都圏での緊急事態宣言発令は解除されましたが、新型コロナウィルス感染収束のために、
対面でのトレーニングの開催のほかにオンライントレーニングも実施させていただきます。


オンライン開催に関する注意事項


  1. 開催スケジュールは、これまでの定期トレーニング開催スケジュールに従います。
  2. 参加定員は、実習フォローを考慮して5名以下を想定しています。
  3. オンライントレーニングの受講は申込者本人に限定させて頂きます。
    • 複数人で受講される場合は人数分の申し込みをお願いします。
  4. Actran 2020,2020FP1,2021のいずれかがインストールされていること(推奨)
    • 受講者様で起動準備をお願いします。
  5. 実習を受講するにあたり、2台のモニターを準備いただけますとより快適に受講できます。
    • 実習中のエラー確認のため、画面シェアができる環境を推奨します。
  6. Microsoft Teams会議へ参加可能な環境があること。
    • Microsoft Teamsがインストールされていない場合、ウェブブラウザから参加可能です。
    • 接続に不安がありましたら、事前にテスト接続致しますので、ご相談ください。
    • 視聴のみでもご参加いただけますが、同時に操作を体験いただくことをおすすめします。
  7. テキストは、電子データでは配布しておりません。テキストを事前送付いたします。
    事前に送付場所をお知らせください。
  8. トレーニングの実習データはダウンロードしていただきます。

Actran入門トレーニング

概要

Actranは、純音響、振動音響、流体音響など様々な音響現象を解くための有限要素法ソフトウェアです。
本トレーニングでは、これからActranで音響解析を始める入門者を対象に、音響解析の基本手順を習得することを目標とします。
Actran専用プリ・ポストであるActranVIを使い、音響解析モデル作成や解析結果の評価を実習します。
入門トレーニング以外のトレーニングは、入門トレーニングの受講が前提になります。

内容

1日目;
10:00 ~ 12:30
Actranでの音響解析概要,
Actran VIの基本操作、音響解析1
実習1:GUIの説明、箱メッシュの作成、音響解析
12:30 ~ 13:30
お昼休憩
13:30 ~ 14:30
減衰について
実習2:箱の音響解析、吸音材設定
14:40 ~ 15:50
音響解析2、放射音
実習3:放射音解析(BC_Mesh)、Green Analysis
16:00 ~ 17:00
モーダルダクト
実習4:ダクトモデル、TL
※実習にはActran 2021を使用します。


受講料

カテゴリー 当該製品保守ユーザー 一般のお客様 教育機関のお客様

価格(税抜き)

50,000円 65,000円 25,000円

スケジュール

会場 4月 5月 6月
東京会場
(定員:10名)
-

20日

Actran2021対応テキストでの
トレーニングを予定しています

-
名古屋会場
(定員:4名)
- - -
大阪会場
(定員:6名)
- - -
オンライン:Teams
(定員:5名)
- - -

お申し込み

MSCラーニングセンターまで、電子メールにてお申し込みください。

戻る

Actran Vibroトレーニング

概要

本トレーニングでは、構造振動と音響を同時に解く Actran Vibro Acoustic オプションを利用する機能を中心に解説および実習を行います。

モーダル法の解析(固有値解析、モーダル周波数応答解析、Hybrid Coupling周波数応答解析)、多孔質吸音材(Biotモデル)などを実習します。

内容

1日目;
10:00 ~ 11:00
直接周波数応答解析
実習1:直接周波数応答解析による箱の振動-音響連成解析
11:10 ~ 12:30
ハイブリッドカップリング
実習2:ハイブリッドカップリングによる箱の振動-音響連成解析
13:30 ~ 14:50
 
透過損失計算のモデル化手法
実習3:ウィンドシール
15:00 ~ 17:00
多孔質材料のモデル化について
実習4:クント管+Biotモデル

※実習にはActran 2021を使用します。


受講料

カテゴリー 当該製品保守ユーザー 一般のお客様 教育機関のお客様

価格(税抜き)

50,000円 65,000円 25,000円

スケジュール

会場 4月 5月 6月
東京会場
(定員:10名)
-

21日

Actran2021対応テキストでの
トレーニングを予定しています

-
名古屋会場
(定員:4名)
- - -
大阪会場
(定員:6名)
- - -
オンライン:Teams
(定員:5名)
- - -

お申し込み

MSCラーニングセンターまで、電子メールにてお申し込みください。

戻る

 

 

Actran Aeroトレーニング

概要

本トレーニングでは、乱流によって生じる騒音を予測す Actran  Aero Acoustic モジュールを利用する機能を中心に解説および実習を行います。

流体音響解析、CFD解析結果の読み込み、CFD解析結果の変換(iCFD) などを実習します。

内容

1日目;
10:00 ~ 12:30

流体音響解析の理論、Light-Hill音源、Mohring音源
実習1:HVACモデルの流体音解析

12:30 ~ 13:30 お昼休み
13:30 ~ 14:50 流体音響解析の機能説明
実習2:HVACモデルの流体音解析(Advance)
実習3:小型ファンモデル
15:00 ~ 17:00 WPFについて
実習3:サイドミラーの風切り音

※実習にはActran 2021を使用します。


受講料

カテゴリー 当該製品保守ユーザー 一般のお客様 教育機関のお客様

価格(税抜き)

50,000円 65,000円 25,000円

スケジュール

会場 4月 5月 6月
東京会場
(定員:10名)
- - -
名古屋会場
(定員:4名)
- - -
大阪会場
(定員:6名)
- - -
オンライン:Teams
(定員:5名)
- - -

お申し込み

MSCラーニングセンターまで、電子メールにてお申し込みください。

戻る

Actran APIトレーニング

概要

Actranの機能であるPythonをベースとした専用のAPI(Application Programming Interface)を活用した、解析プロセスの効率化について解説 / 実習を行います。
APIを利用すると、複雑なプリポスト処理を繰り返し行う場合や定型の処理を自動化したい場合に有効です。

本トレーニングでは、最適化ツール(NLopt)、GUIカスタマイズによる効率化(ウィザード機能)の利用方法などを例にとり実習を通して説明します。
APIを用いることにより、NLoptでは解析結果に基づき結果処理をルーチン化させ、製品形状の寸法やパラメータの最適化などが可能です。
また、ウィザードでは、よりシンプルなGUIと必要最小限の入力のみを用いて、複雑な解析手順を誰でも簡単に実行できるカスタマイズが可能です。

前提条件

Actran初級トレーニングを受講された方、もしくは、同等のスキルをお持ちの方を対象とします。 

内容

10:00 ~ 11:00
APIの活用方法の説明 / ポスト処理自動化の例
11:10 ~ 12:30
NLoptを利用した形状最適化
13:30 ~ 14:30
NLoptを利用したBIOTパラメータの同定
14:40 ~ 17:00
ウィザードによる解析プロセスの効率化 / カスタマイズの例

※実習にはActran 19,20 を使用します。
※本トレーニングはPythonプログラミングの学習を目的とするものではありません。
※講義内容はお客様のご要望に応じて、適宜変更することがあります。

 

受講料

カテゴリー 当該製品保守ユーザー 一般のお客様 教育機関のお客様

価格(税抜き)

50,000円 65,000円 25,000円

 

スケジュール

会場 4月 5月 6月
東京会場
(定員:5名)

9日

注:Actran2019,2020
対応版での開催です

- -
名古屋会場
(定員:4名)
- - -
大阪会場
(定員:6名)
- - -

 

MSCラーニングセンター連絡先

  • 電子メール: mscj.seminar@mscsoftware.com
  • 電話: 03-6275-0870

戻る