Tech Articles

MD Adams/Car 2010において、FSAEビークルモデルの使い方


Tech Articles ID    KB8019488
Status:    Published
Published date:    11/03/2010
Updated:    07/13/2014
Reported In:   Adams (MD 2010) - Adams/Car
Environment:   Intel IA-32 (32-bit compat)
 

Abstract (Question)

MD Adams/Car 2010FSAEビークルモデルを使ったサスペンション特性解析やフルビークル走行解析は、どうすればできますか。

Description (Answer)

MD Adams/Car 2010でこの特別に提供されるFormula SAE(FSAE)データベースを使用するためには、Adams/Carの経験に応じて以下の2つのアプローチの1つを行ってください。

 (A)  もし、これまで全くAdams/Carを使ったことがない方は、まずオンラインヘルプにあるチュートリアルの「Getting Started with Adams/Car」を実行してください。これで、この製品のなかで車両モデルの作成方法や、解析の実行の仕方、特に重要なサブシステムモデルのロール(役割)指定やアッセンブリの仕組み、コミュニケータ、テンプレートの仕組みなどを理解してください。そのあと、この記事に記載の以下の操作と共に付属しているファイルFSAE_template_MD2010.pdfに記載された詳細の作業をすすめてください。

 (B) もし、すでにAdams/Carの経験をお持ちであれば、以下の作業をすすめていただけると思います。

1.    Adams/Carのデータを置いている適当なディレクトリにこの記事に添付されている fsae_MD_2010.cdb.zip というファイルをダウンロードしてください。 

2.    圧縮されたファイルを解凍して関連するフォルダおよびファイルを適当な場所においてください。

3.    MD Adams/Car 2010を起動します。(もし、ダイアログで選択する場合は、Standard Modelで起動してください。)

4.     File à Select Directoryを選択します。 そして、ステップ1、2で使ったディレクトリを指定します。 

5.    Tools à Database Management à Add to session を選択します。

6.    Add Database to Session ウインドウにおいて、window:

1.    Database Aliasには、 fsae_MD_2010 と入力してください。

2.    Database Pathには、 右側の File Navigator アイコン(フォルダのマーク)をクリックして、ステップ2で展開したフォルダのfsae_MD_2010.cdbを選択してください。

7.    OKをクリックします。

8.    File à Open à Assembly を選択します。

9.    Open Assemblyのダイアログにおいて、テキストボックスでマウス右クリックをして  Search à  < fsae_MD_2010>/assemblies.tblを選択します。

10. 任意のアッセンブリモデルを選択します。たとえば、 fsae_full_vehicle.asy です。

11. お使いのコンピュータの性能によって、モデルが開かれるのに少し時間がかかります。

 

English Attachment

FSAE_template_MD2010.pdf
894K • 3 minute(s) @ 56k, < 1 minute @ broadband


fsae_MD_2010.cdb.zip
1.3MB • 4 minute(s) @ 56k, < 1 minute @ broadband



Rate this Page
Rate the quality of this article from 5 (high) to 1 (low):
1
2
3
4
5
 
How can we improve this?

 

Please Sign In

Sign In Password Help | Start here

Get what you want from MSC more efficiently and effectively, either reactively through browsing and searching, or proactively through content subscriptions that you manage.

Click here for a tour of SimCompanion

Click image above for a tour of SimCompanion.

Languages

This article is available in the following languages: